コルセットとイラスト展

4月11日更新

本日、無事「コルセットとイラスト展」終了しました。
5月資料館でグループ展を開催します。
また改めて情報更新しますので、よろしくお願いします。

問い合わせe-mail : shiroshitashimauma@gmail.com


3月27日更新

*4月11日(金)のチカホ「コルセットとイラスト展」に向けて、
このページ名を臨時に変更します。(以前は‘コルセット作品’というページ名)





今回は、橘内美貴子さん・川口巧海さんと合同展示なので、
お二人の作品を簡単にご紹介。



橘内さんはシルクスクリーンで布地にユニークなプリントをされる方。
たらこ柄の浴衣、虫柄のワンピースなどなど・・・

たらこのブローチ(写真右)などもあります。



川口巧海さんは繊細な銅版画の世界を築いています。
今回は木版画ほか、今までとは違った趣向の展示になるそうです。


3人とも展示・販売しますので、
どうぞお楽しみに。










昨年12月・第1回コルセット展の作品をアップしたものです。

          ↓

コルセット展(2013,12,13~15)の作品です。
全13点


2014年のコルセット展予定


○ 4月11日(金) 地下歩行空間 憩いの空間

   → ‘一日限りのショールーム’のようなもの。
     服が中心の展示になる予定。もちろん、コルセットも展示します。
     服は、コルセットにぴったりのデザインになります!
     イラストレーター・かわむらえり子さんと合同展示です。
     
○ 5月13日(火)~5月18日(日) 札幌市資料館 ミニギャラリー2
   → 昨年4月の‘サッポロ・モダン3人展’に続いて、今年は4人展で開催します。
     資料館のミニギャラリーには、試着室をご用意しますので、
     ゆっくりと試着を楽しんでいただけます。




12月31日up (5点)

 大花柄 首の後ろでリボン結びする、ギャルソンタイプ。
前はバスク留め・金属コイルボーン使用。
Mサイズ 1点



大花柄 バックスタイル




 ターコイズ×黒レース ミドル丈。
前はバスク留め・金属コイルボーン使用。
Lサイズ 1点



 ターコイズ×黒レース ギャルソンタイプ
前はバスク留め・金属コイルボーン使用。
Lサイズ 1点


後ろリボンは尾長鳥のように長いです。
これに限らず、どの作品も共通です。




 ロココ柄 ミニ丈
前はホック留め、プラスチックボーン使用。
Lサイズ 1点



ロココ柄 ギャルソンタイプ
バスク留め 金属コイルボーン使用。
Mサイズ 1点





12月30日up (2点)

 意外に人気があったチロル柄
首の後ろで結んで着用する、「ギャルソン」タイプです。
バスク留め・金属コイルボーン使用。
Lサイズ 1点




 こちらは、コルセット型キャミソール
カッティング(切り替え線)にこだわりました。
これ1枚で体型が細く見えるように・・・
Mサイズ 1点

コルセット型キャミソール バックスタイル


<次回、また作品アップします  '13.12.30>





12月29日up (6点)
左・チェック ミニ丈  前はホックテープ留め。プラスチックボーン使用。 
右・チェック ミドル丈 前は金属バスク。ボーンは金属コイルボーン使用。
どちらもMサイズ



バックスタイル(ミドル丈)リボンはとても長いのです。



ゴブラン ミニ丈 前はホックテープ使用。プラスチックボーン使用。
Mサイズ


ゴブラン ミドル丈 金属バスク・金属コイルボーン使用。
Lサイズ



     左・ベルベット ミニ丈。前はホックテープ使用。プラスチックボーン使用。
     右・ベルベット ミドル丈。前は金属バスク。ボーンは金属コイルボーン使用。
     どちらもMサイズ


ベルベット バックスタイル


<次回、また作品アップします  '13.12.29>







本日15日、3日間のコルセット展が無事終了しました。
悪天候の中、遠くからご来場くださった方も多く、
本当にありがとうございました。
このページは後日、内容を改めますが、
少しの間このままでお楽しみください。('13.12.15)



来週、12月13・14・15日の3日間
コルセットだけの作品展を開きます。

短い期間ですが、特別ページを作ります。



今回は販売します!
受注も受け付けます!
オーダー製作も受け付けます!

もちろんいつものように、見るだけ・試着だけでもどうぞお気軽に☆

ウエストサイズの目安は、
M 54~66cm
L 60~72cm

かなりサイズに幅を持たせています。
後ろのひも(リボン)で調節できます。
くつひものイメージです。


写真中央(奥)の、ミニ丈
軽い付け心地の「プラスチック・ボーン」を使用しました。

左のミドル丈
右のギャルソンタイプ
は、金属のボーンを使用。


「ボーン」を入れなければしっかりとした作りにはなりません。
(結婚式のドレスなんかの上半身に入っています)


この白くて平たいの、「スチールボーン」です。
一見、プラスチックみたいですが、金属を白い樹脂でコーティングしているのです。
まっすぐに支えるので、背面に使用します。


こちら、針金がコイル状になっている「コイルボーン」
曲面に対応します。

ロココ時代は実はコルセットの締め付けがそんなにきつくなく、
金属がいろいろと使用されるようになったヴィクトリア時代に
それはきつく締め上げるようになったのだとか。

私はそんなに細く仕上げてませんので、
多くの方に試着を楽しんでもらえるはずですw


こちら、前を留める「バスク」
スペインのバスク地方で使われたものが原型となり、
バスクと呼ばれているという説があるようです。

これ、札幌では売っていません。(金属ボーンも)
そもそも日本製ではありません。

コルセットそのものが、西洋の文化なのです。


バスクを縫いつけたところ
金属の部品を縫い付ける・・・抵抗があったのは最初だけ。
思いのほか普通に縫えるもんです。






各1点限り



お問い合わせ e-mail:shiroshitashimauma@gmail.com


場所:ギャラリー犬養http://galleryinukai.com/

〒062-0903 札幌市豊平区豊平3条1丁目1-12
地下鉄東西線菊水駅より徒歩7分、中央バス豊平橋より徒歩1分
(駐車場あり)  TEL:090-7516-2208












0 件のコメント:

コメントを投稿