2015年6月30日火曜日

『森で出くわしたくないもの展2』


neccoで今日まで開催の通称モリデク展

さっそくこわいこけし・・・


会期中唯一の昼間開催の日曜日に行ってきました。





森で出くわしたくないものに投票してくださいと言われ、


まよったあげく投票してきました


この美しい顔の人形なら出くわしても大丈夫

私が出くわしたくないものはコレです!
と、会場の方に一つの作品を指さしたところ、なんとその方が作者でした。

本当に申し訳ないと思っています。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキングならblogram

2015年6月28日日曜日

10ミニッツショートシネトピア、山本英子さん個展

出来事がたくさんありすぎて火曜日ごとの更新では足りないので
今日は変則的に更新することにしました。


昨日は「10ミニッツ ショートシネトピア」を観てきました。
8人の作家による約10分の映像を鑑賞する企画。

各作家さんのイメージの世界を動く映像作品にした企画なので、
一般の映画を期待した方には「???」だったのでは・・・


「死にきれてUFO」という作品の劇中歌の(なんと)カセットテープ販売も。
ウチはカセットテープを再生できない環境なので入手あきらめました。

ギャラリー犬養のオーナー・康太氏の
予想を超える文学性に驚き。

そのギャラリー犬養さんで明日までの
特筆すべき作品展が開催されています。


80歳を超える、山本英子さんの作品展です。

こちらは靴下を使ったお人形。


フリースタイルの刺繍小物でしょうか


こちらは加賀の指ぬき

絹糸で作られた、繊細でとても美しいものです


製作を実演して下さった山本さん


色とりどりの「まり」です。

壁一面の見事なキルト作品もたくさんあるのです。


なんと、絵も描かれるんです。
さらには絵本も。(残念ながら写真失敗)

山本さんは正規のアート教育を踏んでいないことから、
‘アウトサイダー・アート’と分類されるようなのですが、
違和感のある分類だと思います。(美術界の古いアカデミズム)



こんな、女っぽい絵を描かれるんですよ。

若い女の子たちには
あまりにも遠い境地です。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキングならblogram

2015年6月23日火曜日

3つの作品展「林 美奈子・粒粒研究所、ミュウミュウ作品展、林 由希菜・さいぼうのうみ」

昨日終了のギャラリー犬養の作品展です。


叙情派・林美奈子さんのコラージュ作品から


紙の手縫いは針目が目立って難易度が高いのです。




‘研究所分室’は林さんの友人の方々が林さんを表現した作品群



どの作品も物語性に溢れていました。





こちらはミュウミュウさんの陶芸作品




どの作品もご本人とのギャップがすごいです




ここからは林由希菜さんの作品


本当は下の作品と隣あっていて、一つの作品のようでした


もう一つ、特筆すべき山本さんの作品展もあるのですが、
そちらはまた別の機会に。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年6月16日火曜日

プリングルズ『絶対もらえる!!』キャンペーンスピーカー到着


中ふた10枚集めるともらえるというスピーカー。

てっきりラジオかと思っていたけど。


iphoneと接続。

iphone特有のシャカシャカ音は無くなります。

ものすごく良い音質をそもそも期待していなかったので
十分楽しいです。

キャンペーンは6月30日までだったはず。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年6月9日火曜日

川口巧海さん個展「夢想の宇宙誌」


私の家から比較的行きやすい場所です。

「茶房 まつ風」

〒061-1121  北海道北広島市中央6-8-7
tel : 011-373-7222

10:30~17:00
       



ギャラリーの白壁に川口さんの作品が良く映えていました。

額装するとこれまた作品が格調高く、とても大きく見えました。

水仙をコラージュした作品が好きですね
(とても良いと思ったのであえて写真は撮らず。)

とてもすてきなオーナーさんでしたよ。
~6/27まで。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年6月2日火曜日

歌川国芳展・後編 観てきました


後編は歌川国芳の‘男’編。

前編に引き続き平日に行ってきました。
作品ごとの情報量がものすごく多いので、じっくりと鑑賞される方が多いですね。

幕末の江戸の男っぽさ満載です。
草食系多数の現代の‘男’像と比較し、同じ国とは思えないほど。

中国の故事を題材にした作品では
異国性が実に良く描かれていたことに感心。


私のお気に入りは、鬼婆と美しい娘、旅人に扮した観音様が登場する作品。

観音さまの背後に光背に見立てた車(糸車?)を配し、
鬼婆の形相、観音さまの表情、旅人に恋した娘・・・



売り切れ後、5月30日に入荷したばかりのマスキングテープ、
すでに2種完売。

金魚の欲しかったけど売り切れでした。


購入したのはこの3点。

芸術の森美術館は行くたび、
ずいぶん遠いな・・・と不安になるけれど、
展示はとても充実しています。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram