2015年1月8日木曜日

着物ポンチョの製図です。


先日の着物ポンチョ(コートと呼びたい・・・)
簡単なので製図を公開します。


床に置くとこんな感じです。

使用した布地は、表地・裏地とも、

W幅(約150センチ)×1.8メートル

下図の製図でほぼムダなく、直線縫いで完成します。

*裁断前の注意点として、ウールの割合が多い布地の場合、
必ず高温のスチームアイロンを生地にあてる「地なおし」をしてください。
洗濯後の縮み・型崩れ防止になります。


①衿(ストール)を表・裏地3辺を縫い合わせてから、
②身頃の表地・裏地ではさみこんで衿つけ、
③周囲を縫い合わせ、ステッチで押さえる。

これでほぼOK!


袖口にボタンorスナップをつけます。
衿元にボタンをつけるか、ピン(もしくはブローチ)で留めるかはセンスです。

とても簡単です♪



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

3 件のコメント:

  1. はじめまして。着物用のコートの作り方を探していてたどり着きました。

    ひとつ質問なのですが、布目は本体も衿も長い辺が縦地でしょうか?
    それとも衿は短い方が縦ですか?

    お時間ある際に返信くださるとありがたいです!よろしくお願い致します。

    返信削除
  2. sucreさま
    はじめまして。コメント下さりありがとうございます。

    布目の件ですね。
    図の「72cm 72cm」が布目になります。

    衿は本当なら長い辺が布目になりますが、短いほうの「32cm」を布目にしました。
    手元にある布地を有効利用したためです。

    記事にありますように、w幅(約150cm幅)×1.8mの生地の有効利用です。

    (裏布も表側と同様につくる「毛抜き合わせ」で仕上げましたが、
    この場合、表・裏とも収縮率が同じでなければ、
    クリーニングを重ねるごとに表裏の縮み具合に差ができてしまい、
    美しさが損なわれていきますので、
    裏布をつけるとしたら、毛抜き合わせはおすすめしません。)

    ちなみに表・裏とも厚地でつくったため、重量たっぷりです。
    お住まいの地域が北国でなければ一重仕立てで十分な感じです。

    ‘四角いストールに衿をつけただけ’の気軽さでつくりました。

    どうぞ気軽にお役立てくださいませ。




    返信削除
  3. 返信ありがとうございます。

    私も札幌のため、裏もつけたいので、その際は収縮率に気をつけたいと思います。

    丁寧な説明ありがとうございました。

    返信削除