2015年12月23日水曜日

2015年 最高の作品展




なつかしい知人から届いたフライヤーにあった、

佐藤 千穂 の名。

私の知る佐藤千穂さんは、たしか舞踏家。
当時一番若く、だれよりもほっそりとした静かな女性だった記憶。

あの千穂さんがアーティストになっていたのだろうか?

そうだとして、どんな作品を生み出すのか確かめに、
個展初日の12月12日、茶廊法邑に向かった。



ギャラリーに一歩踏み入れたとき、すぐに感じた。

これは、本物のアートだ、と。

‘アートは自己表現’と何度も見聞きするけれど、
そもそも個人の自己表現などという小さく狭いものではないはずだ。

(写真では彼女の作品の持つ個性が全然伝わらない・・・)


初日ということで、川端ひろ子先生の舞踏団の舞踏を久々に見た。

そうしてわかったのは、
千穂さんの、舞踏とアートが同じものだった、ということ。

こんなに時間を経て、いや、時間を超越して、
伝わってきた本質に触れてしまったら、
もう泣いてしまうしかないじゃないですか。

若かった日の彼女が舞踏を通して表現したかったことと、
アートで表現したかったものの本質がまったく同じではないだろうか?

と、ご本人に伝えたところ、
「先ほど記者さんに‘これらの作品はどういったものなのでしょう’と聞かれ、
私にとって舞踏とアートは同じものなのです、と答えたばかりなんです」

そう言ってとても喜んでくれた。


佐藤千穂作 『いま、立ち上がる』


今年はアート作品を去年ほど見ていない。

今年はまだ終わっていないから、まだ見ていない作品も当然ある。

それでも私は言う。

札幌で今年最高の個展は、佐藤千穂さんの個展です。


シンプルさ、深さ、繊細さ

独自性、技術力、

2次元でありながら空間を作り出す力、

タイトルは、その通り素直に言葉通り、
言葉が表すエネルギーが文字化され完全に作品とリンクし、

それらすべてが非常に高い意識のもと
彼女の作品と化していました。


まるで昨年6月に東京で見た、
辻けい先生のテキスタイルのアート作品と非常に良く似た、

自己表現など軽く超越した、
目に見えない何かと共鳴し、可視化させたような、

本物のアートだと感じたわけです。


まったく予想外に札幌で本物に巡り合えた。

来年はさらに鑑賞機会を減らします。

C'est tout !



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

2015年11月17日火曜日

11月29日(日)、OYOYOにコルセット持参します。

青鬼紫杏さんのツィートから、札幌幽境さまの企画が目にとまり、
せっかくなので私も仲間に入れていただくことにしました。



ピュアワンコルセットワークス 新作展示即売会

~ 特別展示 「光と輝きのコルセット」 ~

2015.11.29(日) 13:00~19:00

*入場無料 ・飲食物持込不可



machi×art center sapporo OYOYO

札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル6階

http://www.oyoyo16.com/

       ↑
(OYOYOさんのサイトのカレンダーの29日のところをクリックしていただくと詳細がわかります)


新作はナシ。
旧作(完売後、同デザイン補充したもの)数点持参します。

今ごろ気づいたのですが、私はとても社交的です。

人見知りだと言っていたのは間違いでした。

決しておしゃべりではないのですが、誰にでも友好的ですよ。



当分、あらゆる展示の参加・企画の予定はしておりません。







2015年10月13日火曜日

コンデンスミルク缶でまるごとキャラメル作ってみました。


ツイッターでどこからともなくリツィートされてきた、

『コンデンスミルクをそのまま温めると缶ごとキャラメルになる』

連休中にさっそく試してみました。

ジ〇スコで見つけたコンデンスミルクは北海道産のもの。

鍋にそのまま入れ、かぶるくらいの水を注いで静かに加熱すること3時間。

途中、蒸発した分の水を足すことを忘れずに。


缶切りを差し込むと中からコンデンスミルクが少し吹き出し
不安をおぼえつつ全開。

下に行くほど色濃く固めのキャラメルがほんとうに完成してました!!

考えた人凄いです。

コンデンスミルク自体は全然好きじゃないけど、キャラメルとなると話は別。


おやつにかぼちゃ茶巾をつくっておいたので、
キャラメルと一緒に食べました。

良い相性でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年10月6日火曜日

ちょびこさんの長袖Tシャツ


夏に買っておいたちょびこさんの長袖Tシャツを楽しめる時期到来。

ちょびこさんといえば手描きTシャツですが、
こちらは珍しくシルクスクリーンによるもの。

とても良いですよ




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年9月29日火曜日

酒井駒子さんの切手!!すばらしい・・・


こ、これは使えない・・・

自分のものにしておきたい

最近の切手はすばらしすぎる




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年9月22日火曜日

映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』観てきました。


シアターキノで上映中

『ボーイ・ソプラノ』

この少年が、とても魅力的なんです。

恵まれない家庭に生まれ育った少年が主人公の、
過程も結末も十分に予想できるストーリーなのですが、
それでも惹きつける魅力のある少年。(ギャレット・ウェアリング)

ダスティン・ホフマンが‘人生の師’という設定ですが、
少年の才能を見抜いて積極的に引き立てる、
メガネの先生もすばらしい(ケヴィン・マクヘイル)

さらに、少年の才能に最初に気付いた校長先生(女性)の、
挨拶を述べる声が素晴らしく魅力的で、
いったい誰だろう・・・?と思ったら、

デブラ・ウィンガーでした。
あの声から内面を感じさせるのですから。

監督は『レッドバイオリン』の方でした。
こちらも見ました。

こういう、クラシック音楽を題材にした映画は大好きです!




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年9月15日火曜日

ニジンスキー愛を感じた、川口巧海さんの個展。


昨日終了した、川口巧海さんの個展
(於ギャラリー犬養)


ここ最近、コラージュやアッサンブラージュ等の作品が多く、


もはや‘版画家’と限定する必要もないような・・・


うまいこと素材が集まってくるようで・・・


ニジンスキー愛を存分に発揮

完璧なオブジェ


蝶々に見えるのは、本物の蝶々。

偶然なのか計算なのか、
ニジンスキーへのオマージュ。


版画は今回この1点


川口さんの作品は、どれもタイトルがヒント



ヒントというより、答え、かな。

とても素直に表現されているのが、
わかりすぎるほど良くわかるのです。

もう、ほんとうに、笑ってしまうほど。

私は川口さんの作品は技法以外の説明は無くてもわかります。

版画であってもなくても、
いつも彼らしい解釈が作品すべてに表れているから。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年9月8日火曜日

札幌発カワイイ服『 SNOWPY♡ (スノウピー)』


東札幌のイーアス2Fにある『スノウピー』

デザイナー兼オーナーが
店内ですべての服を作っています。


通販でも大人気(らしい)


彼は私の学生時代の同期です。

札幌はアパレル産業が発達していないので、
販売以外で洋服に関わるのが極めて難しい土地です。

そんな中、長く続けている仲間がいるのは
とてもうれしい。

学生時代、光輝いていた彼は、
長い時間を経ても光を失わずにいてくれたことが、
本当にうれしい。

数少ない、私の同士のひとり。


にほんブログ村 デザインブログ ファッションデザインへ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年9月1日火曜日

『挿絵の美・大正文化の黄金時代  大正イマジュリィの世界』観てきました。


北海道立文学館で開催中

(‘開館20周年特別展’とあるけど、滅多に来ない場所です)

東京の、弥生美術館と同系列の展示でした。

つまり、とても私好み。

橘小夢の作品と(宝塚のスターを描いた作品)

蕗谷虹児の作品を見られたのが何よりうれしい・・・

文具中心のグッズも充実してました。






にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

2015年8月25日火曜日

ナカムラ佳子×飴屋晶貴『夢野久作の世界』


ギャラリー犬養で昨日終了した展示。

異常でした・・・
鉛筆画だなんて、信じられない。

オーナーの康太氏に「飴屋さん、描いてるんですよね・・・?」

と、思わず確認したくなるほどの出来栄え。

「クールジャパンを超えてますよね」とも付け加え。


飴屋さんの目がカメラとコピー機になったかのよう。

目と脳は直結しているのだから、おそろしい頭脳の持ち主です。


ナカムラさん、飴屋さんのお二人は道民ではないのもポイント。
創作の目線や深さが違うのでしょう。

際立って高いクォリティです。



作品集を眺めていて、ふと、くすみ書房閉店の時に買った、

「小川洋子の偏愛短編集」

その中の「押絵と旅する男」を思い出したのですが、

確認すると、作者は江戸川乱歩。


やはり。

引き合うはずです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram