2013年11月30日土曜日

研ぎ師 職人というクール・ジャパン

研ぎ師に預けておいたハサミを受け取りに行って来ました。


お話を伺って知ったのですが、研ぎ師の小林さんは東京の方。
お父様も(研ぎ師ではないけど)職人だったそうです。

そのお父様は「蒔絵」の職人で、
まだ日本にペンキが入って来る前の時代、
時計の文字盤の文字を蒔絵で施していたそうです!

たとえば、銀座和光の時計塔の文字盤や、
高級な海外の時計の文字盤も。

これぞ、クール・ジャパンです。

「アート」という概念は本来日本にあったものではなく、
明治に入って岡倉天心などによりもたらされたのだと聞いたことがあります。

江戸時代に「美術」とか「芸術」なんていってないはずで、
すべて「職人」ワザだったことでしょう。

生人形のことを調べてみてわかったのですが、
江戸時代の職人の技というのは誇張なく、超絶技巧です。

おそらく、日本の職人技に相当するような、
西洋の概念がないのではないか?
なので、日本の職人技もすべて彼らはアートだ、クールだ
と、言っているような、そんな気がしたのです。



貴重な手研ぎの技術をお持ちの小林さん、
現在お弟子さんはなく、このままでは後継者がいなくなるそうです。

若者たち、大企業など狙わず、
どうか日本の技に気がついて!
どの国も垂涎の技が、私たちの日本にあるのに。

世界で通用するどころか世界一の技術が
そこここにあるのに。

「僕が簡単に研いでるように見えるみたいだけど、
職人ってラクして儲けるような仕事の対極なんです。

でも、マニュアル通りに研いでるわけじゃなく、
使う人のこと考えたり、新しい素材に対応して
親方とはまた違った自分なりの方法考えたりね。

そんなちいさなことから
ぼくらはいろんな勉強をさせてもらってるんだと思う。
もし生まれ変わりが本当にあるんだとしたら、
それが次の人生に繋がってるんだと思うよ」



胸を熱くしつつ、ハサミを受け取って帰宅しました。






にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年11月29日金曜日

写真雑誌「IMA vol.6」届きました

定期購読している写真雑誌IMA です。


年に4回届きます


私が気になったのは「フリーダカーロ」の遺品の特集


「フリーダ・カーロ(自画像)」
メキシコの女流画家

通常では考えられないほどの事故と病気に見舞われた人生



強烈な自画像が有名な女性なので、
まさか遺品があったとは驚きです。


絵の中の女性だと思っていたのに、
急に現実感が増しました。


確か、民族衣装しか着なかったはず・・・


人生と絵のタッチから強烈な女性だと思っていたのですが、
実際の衣装を見ると、予想を超えて可愛らしさが伝わってきます。

不自由な身体で(事故と病気)奔放な恋愛を重ねた・・・と、聞いていましたが、
彼女のかわいらしさが
モテモテの秘密だったんですね、きっと。





にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年11月28日木曜日

札幌の「研ぎ師」手研ぎのハサミ

久々に洋裁ハサミを研ぎに出しました。


私はハサミは手研ぎでお願いしています。

研ぎ師の小林武史さんは、札幌市内の東光ストアを巡回してご活躍中

自宅近くに東光ストアが2箇所にあるので、ラッキーですw


洋裁ハサミもこちらで購入しました。
(購入者特典:小林さんから購入した刃物は研ぎ料金が安くなるのです)

研ぎに出すのは年に3回ほど。
目安は薄い生地が刃先に引っかかるようになったら。

そうは言っても小林さんが来てくれるタイミングと合わなければ無理な話なので
小林さんのHPをたまに見ては巡回時期を確認しています。

キレ味が蘇った刃先は感動モノなんですよ!




にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年11月27日水曜日

「コルセット展」フライヤー、今日からお披露目

コルセット展のフライヤー出来ました。
諸事情により今回まさかの自宅印刷



トイデジカメラで撮影したので、写真がボサってますが
これはねらいです。

紙が厚くて印刷に手こずりました(>_<)
第2版は紙を変えますw

現物はちゃんと裏にもいろいろ書いてあります。
裏の内容は、展示時期が近づいたら改めてお知らせします。


次の2箇所においてもらってます。


観光文化情報ステーション(地下鉄大通り駅内)http://www.sapporo-info.com/

ギャラリー犬養http://galleryinukai.com/



見かけましたらどうぞお手に取ってくださいませ。





にほんブログ村 デザインブログ ファッションデザインへ にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年11月26日火曜日

ボローニャの食パン

その昔、高級食パンの代名詞だった、ボローニャの食パン。
ばかばかしい値段で、食べることなく今まできましたが、
2枚入りを見つけたので、やっと食べる気になったのです


ボローニャスライス プレーン 2枚入り

お値段は、確か¥230ほど。

オーブンで軽く温め、食べてみました。
どうということはない、油分の多いクロワッサンタイプの生地。

バター不使用でこの値段・・・

2度目は無いな。



にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年11月25日月曜日

「ドレスコーズ」ライブに行って来ました!

オールスタンディングのドレスコーズ・ライブが、
たったの¥3,150と知ったのは公演日2日前


場所は札幌ファクトリー近くの

ライブハウス「cube garden」

1Fにロッカーがあります


会場でCDを購入すると、このポスターがついてきます。
しかもサイン入りで!

ドリンク待ち

ドリンクにグミのおまけ


素晴らしいの一言では足りない!!

長身痩躯のボーカル志磨遼平さん、
彼の長い腕・大きな手のオーラがスゴイのなんの
手振りの全てに意味が宿っているような、
手を広げるとまるでその場の全てを集めるような吸引力

ボーカルのうまさ、良さ、声の力。
バンドの演奏もとんでもなくうまいんです!

曲にうねる身体の動きも踊りを超えるレベルで、
‘踊念仏’って、こんな感じだったんじゃないか?
と思ったくらい、カリスマ性に溢れてるのです。

‘ロックンロールが僕が教わったこと。
悲しみは、決して消えない。だけど、踊り方を覚えたよ’

これだ、と思いました。
ドレスコーズの曲の根底に流れる、生への肯定感。

悲しみは消えることはありません。記憶からは消しされない。
けれど、それを抱えつつ、踊る=自分らしく生きる
ことができるってこと。

彼こそ、ロックスター
私は7年後の東京オリンピックで、
ドレスコーズが世界に向けて歌う姿を見たい!
熱望!!!





にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ