2013年10月31日木曜日

通販生活から届いたドイツの手作り室内履き

そろそろ冬に備えなくては。
暖かそうな室内履きを買ってみました。


去年から気になっていた、通販生活の
「ナチュラリッヒ・バルメフュッセ」

羊毛100% 2重になった、ドイツの手作り室内履き。

暑い夏はとても苦手で、
薄ら寒いくらいの室温を好むとはいえ、
同時に冷え性なので、強烈に温かい室内履きは必須アイテム。

まだこれを必要とするほど寒くはないから、
これを履くためだけに、寒さを待ちましょう。





にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年10月30日水曜日

柚子七味と‘ゆずすこ’

ハーブや香辛料はあまり好きではないのですが、
「柚子七味」はとても好きです。
けれど、札幌ではあまりみかけません。
もともと柑橘の産地ではないからでしょうね。


大丸百貨店の地下に売っているので買ってきました。
(おなじものはamazonでも売っていました)


実は色々な種類があって、香り・辛さ・他風味がそれぞれ違うのです。
これはどうだろう・・・


もう一つ、うれしい発見です。
こちら、「ゆずすこ」

ゆずこしょうを液体に・・・という発想から生まれた「ゆずすこ」
ゆず+酢+こしょうで「ゆずすこ」

ラジオで耳にして以来、ずっと気になっていたのです。
タバスコは正直言って苦手ですが、ゆずを使うとなると話は別です。

これも大丸百貨店地下で見つけました。
価格は¥500程度。

大丸はさすがに西日本の百貨店ですね。和の香辛料の品揃えが豊富です。



柚子七味はうどんにかけて・・・
うーん・・・これは私が求めていた柚子七味ではない(>_<)
柚子というより、陳皮みたいな。

早く使ってまた違うの購入しよう。


さて、冷奴にお醤油と「ゆずすこ」をかけていただきました。

これは、うまい!
ちょっととろみがあって、新鮮な柚子の香りと唐辛子の辛味、
強すぎない酢が絶妙です。

その後、ゆずすこをかけてみたのは、
*鶏の照り煮
*ピザトースト

どちらにもとても良く合いました。



にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年10月29日火曜日

‘元祖アンパンマン’収録・やなせたかしの童話集「十二の真珠」

初期のアンパンマンはまるでメタボの中年・・・
と聞いては買わずにはいられません。


「ふしぎな絵本 十二の真珠」
やなせたかし 著


ホントだ(^O^)
たしかにちっともかっこよくない。

けれど、かっこ悪いけど、格好良い、
男の中の男・アンパンマンがわずか6ページに収められています。

圧巻は「チリンの鈴」
羊が主人公の、ハードな内容に心打たれます。

「星の絵」
というお話は、先日ブログで紹介した
やなせ先生の詩とつながっていました。感激

長く愛されるアンパンマンは
実に骨太な精神で貫かれていたことに
改めて気づかされました。

大人が読んでも充分に楽しめ、かつ考えさせられます。



にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析  ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年10月28日月曜日

進化した「昭和レトロカレー」

夫が追求し、作り続ける「昭和レトロカレー」
3丁目の夕日の時代のカレーなのか、
ルーを使わず、炒めたカレー粉で仕上げるのです。


カレー粉はナイル商会の「インデラ・カレー」を使用。

近所のスーパーで入手。タモリさんもご愛用なんだとか。
カレー粉はこれ以上追求することはないでしょう。
昭和の家庭カレーはそこまでこだわったり、手をかけすぎたりはしないはず。


こちら、前回さっと作ってくれた昭和レトロカレー
この色の薄さ・・・

旨みが極端に少なく、味が無いような感じですらあります。
なので、ウスターソースをかけて食べるのです。

私がもの心ついたときにはこのカレーは存在してません。
すでにルーが何種類も売っていましたから。
このカレーを初めて食べたときの感想は・・・

おいしくない。
ソースの味しかしない。
2度と食べたくない。

料理の下手な主婦が作ったような味なんです(>_<)

私が指摘したのは、

●そもそも旨みに慣れた現代人の舌には昭和レトロカレーはおいしいものではない
●旨みのでる食材をほとんど使わない作り方ではどんなに美味しいものを作ろうと
しても限界がある。しかも、素材と手を加えすぎては昭和家庭カレーではなくなる。


そこで、‘家庭カレー’というくくりを辞めたようです、彼は。
新しいコンセプトは、
「昭和のおいしいお店のカレー」なんだとか。

細かい作り方は私は見ていません。
けれど、明らかに美味しい方向に進んだことは
上の写真で明らかでしょう。

これはもう、ソース無しでも充分に美味しいカレーなんですよ




にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年10月27日日曜日

時計台ギャラリーの水彩画展見てきました。

ご案内をいただいたので、時計台ギャラリーに行って来ました。


爽風会 水彩教室展

中央区北1条西3丁目 時計台ギャラリー3F


水彩は塗り直しができないはず



小学校のときの図工の時間をイメージしていたのですが、


ちゃんと水彩絵の具を使うとこんな風になるんだ、という驚き


同じ対象を描いても、


人により違うんですね。



ちょっと個性的な作品がアクセントになり、



自在に絵の具を操るように見えるのです



こちらは先生の作品。
油絵も描かれるとかで、たしかに水彩とは思えぬ重厚感


どの作品も誠実な気持ちが伝わり、とても気持ちの良い展示でした。





にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年10月26日土曜日

カレーラーメン作ってみました

本格的ではないです。
普段のラーメンにひと手間くわえたカレーラーメンです。


材料(2人分)

好みの醤油ラーメン  2人前
     カレールー       2かけ(2人分)
     カレー粉    小さじ1程度(好みで)

     長ネギ       少々(刻んでおく)
ほうれん草       2株

肉(鶏または豚)  好みの量(一口大に切る)
        生しいたけ     1個(細かいみじんぎり)
         玉ねぎ     1/4個(細かいみじんぎり)
       生姜       すりおろし大さじ1程度
       にんじん     すりおろし大さじ2~3程度 


作り方
1 深い鍋で玉ねぎ・生姜を炒め、香りが立ったら肉を加える
さらに、しいたけ・にんじんを加える

2 1の鍋に2人分のスープ分の水を加え(各ラーメンの袋参照)
ラーメンスープを1人前分加え(注:2人前だとしょっぱい!)
煮立たせる。火が通ったらカレールーを加えさらに加熱。
ほうれんそうを加えておく。これでスープは完成。
(カレー粉は好みで加える)

3 ラーメンを茹で、2で出来たスープをかけ長ネギをのせてできあがり



ラーメンスープにカレールーを入れただけじゃ、味に深みがないので、
香味野菜を少し、みじんにしたりすりおろしたのを入れると
格段においしさがアップするのです!




にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ