2013年5月31日金曜日

かんきつの皮でピール(お菓子)作り

近所のスーパーで「河内晩柑」というフルーツを発見。

‘和製グレープフルーツ’と書いてあります。
「香り高く果汁たっぷり 国産だから皮まで安心」

このコピーの‘皮まで安心’につられて購入したのです。
(柑橘はちょっと苦手。あの酸味が・・・)

さっそく食べてみると、グレープフルーツよりずっとおいしい!
酸味も苦味も実に日本的です。
すっかり気に入り、その皮の分厚いことに目がいき・・・

砂糖で煮詰めてお菓子・ピールを作ることにしたのですv

まず、4つ割りにして皮をむいたら、
さらに表面のピカピカをとるために、ピーラーで薄く表面をむきます。

むき終えたら、好みの幅にカット。
私は約1cm幅に切りそろえました。

ここで皮の重量を計っておきます。
そうして、皮と同量か8割くらいの砂糖を用意しておきます。

沸騰したお湯で内側の白い皮が半透明になるまでゆでこぼす。
5分くらいでしょうか。

湯を切って、

鍋に戻し、ひたひたの水と1/3量の砂糖を加え中火で煮ていきます。

10~15分経過したら、さらに1/3量の砂糖を追加。
また10~15分経過したら同様に最後の砂糖を追加。

焦げ付かせないよう煮詰め、
水分があまり感じられない状態になったら火を止めます。
 この時点でピールはあめいろ

ざるに重ならないよう広げ、1時間ほど放置して軽く表面を乾燥させます。

ボウルにピールと砂糖(分量外・適量)を入れ
ピールの表面を砂糖でコーティング。
こうしておくことで、保存時のべたべたを防げるのです。

再度ざるや網に広げて1晩放置。
表面が粉を吹いたようになります。

完成しましたv

単純な作業で、誰でもできますが煮詰める時間を考えると
真夏には向かない作業です。

Mサイズのジップロックがぱんぱんになるほどの量ができました。
これで、河内晩柑4個分の皮です。

厚い柑橘の皮をなんとか食べようと工夫した昔の人の気持ち。
真剣に生きた人たちの足跡を感じ、
少し胸にせまるものがあるのです。



にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ  このエントリーをはてなブックマークに追加  blogramで人気ブログを分析  ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年5月30日木曜日

復元されたアシュラ像に驚き!「阿修羅のジュエリー」読みました

数年前、テレビでも取り上げられた、国宝・阿修羅展。
入場者数‘世界一’の大人気仏像・アシュラ像を
「装飾}から読み解くユニークな本に出会いました。

「阿修羅のジュエリー」 鶴岡真弓著

表紙を外しても凝ったデザインです。

教科書に掲載されていて、みんなが知っている
奈良・興福寺のアシュラ像はこの写真のはず。

まゆをひそめたこのお顔。

ところが、もともとは着色されていたというのです。

!!奈良国立博物館の「復元阿修羅立像」
真っ赤です。かなりインド的な印象です。

まゆをひそめた美少年のお顔が
着色されるとまるで別人です。

渋~い色合いの仏像を見慣れた私たちにとって、
強烈な色彩を放っていた、1300年前の復元された姿は率直に驚きです。

この本の素晴らしいところは、アシュラ像をはじめとする
仏像の「装飾」のアート・デザインから読み解いていく新しい視点です。

小学校高学年から読める内容で、
仏像から東洋と西洋をつなぎ、古代と現代を結びつけ
人間を肯定しています。

アートも仏像も特別難しいもの・コトではなく
日常の私たちを映すものだという
力強さを感じました。




にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ  このエントリーをはてなブックマークに追加  blogramで人気ブログを分析  ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年5月29日水曜日

続・日本初上陸「白バルサミコ」 わが家にやってきました。

5月21日に書いた「白バルサミコ」。
予約したオリーブオイル専門店・klmilk(クルミルク)さんから
入荷のお知らせがありました。

「グストーゾ ホワイト」といいます。
5年熟成バルサミコ。もちろん、イタリア産。

Klmilkさんではすでに完売で6月の再入荷待ちだそうです。

(写真の色はVista questというトイデジ特有の緑かぶりによるものです)

klmilkさんで試飲を済ませ、美味しさを知っているので
まずは炭酸水で割って飲み物にしてみましょう。

バルサミコ1に対して炭酸水は5ほど。

私は酢はキライなのです。
お酢を飲むなんて、普段はしないのですが、
これは清涼飲料水として成立する美味しさです。

が、白バルサミコの値段を思いだし、1杯でやめます。
( 200ml入 ¥4,420)←高い(;o;)


オリーブオイルと合わせてドレッシングとして使ってみましょう

「アルケ」というオリーブオイルです。
オリーブオイルジャパンという、オリーブオイルの品評会で
今年銀賞を受賞した品。

この黒ラベルの他に白ラベルがあり、
黒は辛味が特徴。白はクセがなくマイルド。

千切りの大根と水菜・トマト・生ホタテ・あさつき少々
(お皿の柄はオリーブの実デス)

ドレッシングはバルサミコ1に対しオリーブオイル4
塩麹を少し加えよく混ぜます。

とろりとクリーミー。
ホタテとすばらしい相性(*゚▽゚*)
もう、ドレッシングを買う必要なし。これ以上の工夫もいらない。

昔のお父さんの高級ウイスキーのように、
ちびちびと大切に白バルサミコを使うことに決めました。
飲んでも美味しいことは家族に言わずに(*^^*)

おまけです。
スパイシーなこのオリーブオイル、
フルーツとよく合います。

オレンジにソースとしてかけるとやめられないのです。



にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ  このエントリーをはてなブックマークに追加  blogramで人気ブログを分析  ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年5月28日火曜日

初めて食べた‘えびもち’、「餅菓子商 白谷」のお餅

先日いただいたお餅があまりにも美味しく、
これは札幌一!
と、勝手に認めたお餅屋さんに行って来ました。

餅菓子商 白谷
札幌市中央区南3条西17丁目 西17ホッカイビル1F
Tel : 011-633-9550

この赤いのは・・・
桜えびの入った「えびもち」
初めて見ました。これで¥150。即買いです。

黒豆の入ったお餅。こちらも¥150
私は黒豆が大好きなのです。

あとは黒豆大福とみたらしを購入。
いただいたのは、このみたらしです。

ケースを開けてみましょう。
桜えびの赤と黒豆の黒がきれいです。

えびもちは想像とおりの美味しさです。
えび・黒豆どちらももち米の自然な甘味以外
砂糖など入っていないので、これは食事替わりになりますね。

なんて大きな黒豆!大福なのであん入り。
みたらしはあんが入っていません。

みたらしを食べると、もち米そのものの風味に驚きます。
そして、みたらしの甘さとしょうゆのバランスが素晴らしい。
あまり一般的には使わないお醤油だそうですよ。

今回選んだこの2種が、ここのお店の人気1、2なんだとか。

「いただいたお餅がおいしかったので・・」
と告げると、今日だけで同じ理由のお客さんが他に3組あったとか。

外出のついでに立ち寄ったのですが、
今度はお餅を食べたくなったら来てしまうかもしれない。

キケンなお店です(*^_^*)




にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ  このエントリーをはてなブックマークに追加  blogramで人気ブログを分析  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年5月27日月曜日

懸賞に当たった(*゚▽゚*)!

ささやかですが、懸賞に当選しました。

「スタイラスペン」という商品で、
iPad miniに手書きのメモ見たいに入力できるペン。
貧乏性なのでまだ開封していません(´・_・`)

iPad miniを入手してすぐにこの本を購入していたのです。
ジュンク堂に数ある中、時間をかけて選んだこの本。
初心者の私を何度も助けてくれました(๑≧౪≦)

iPad miniとほぼ同じ大きさで、
本の角を丸く仕上げるこだわりも気に入っています。

懸賞は当たらないと思っていた私に思わぬプレゼント。
iPad mini を愛する心に報いがあったのか
それとも娘の名前で出したのが良かったのか。

ちょっとだけ縁起が良いのです。


にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ  このエントリーをはてなブックマークに追加  blogramで人気ブログを分析  ブログランキング・にほんブログ村へ